腰痛 原因は筋肉の硬さ!?|池袋の整体「もみの手 池袋西口駅前店」

  • 友だち追加

    ↑LINE予約受付中!

  • tel:03-5950-2444

    [電話受付]10:00~24:00

  • 採用情報

ブログ

腰痛 原因は筋肉の硬さ!?


腰痛の原因

日本人で腰痛をお持ちの方は約3000万人ほどいると推計されています。

腰痛の原因は人によって様々であり、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどの腰の神経の障害によるものや、内臓の病気など色々あります。

しかし原因を特定できる腰痛は全体の約15%ぐらいと言われており残りの約85%は原因を特定しにくい腰痛で、一般的に腰痛症や坐骨神経痛などと診断されます。

原因を特定できる腰痛のうち約10%が腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの神経障害により起こるものです。

また約2%は内臓の病気による腰痛だと言われています。内臓からの神経の多くが腰に伸びているため、慢性膵炎、尿路結石、慢性の十二指腸潰瘍、子宮内膜症などで腰痛が起こる事があります。

重い脊椎の病気には、化膿性脊椎炎、がんの骨への転移、背骨の圧迫骨折などがあり、約1%がいると考えられてます。

そのほかの原因が2%と言われています

腰痛全体の約85%を占める原因のわからない腰痛の多くは筋肉の硬さ(緊張)が原因であると言われいます。

今回はその筋肉の硬さが原因で起きる腰痛についてお話をしたいと思います。

長時間同じ姿勢が続いたり、過度の運動などで筋肉に負担をかけていると

筋肉が収縮しこの状態が続くと筋肉に硬結(こうけつ)と言われているものが出現します。これがいわゆるコリというもので触るとコリコリしています。更に収縮が続いていくとトリガーポイントと言われるものが形成されます。

トリガーポイントとは痛みを引き起こす発痛点のようなものでその部分が痛いだけで無く関連通と言って離れた場所に痛みを出現させます。このトリガーポイントができることによって原因のわからない腰痛を引き起こしてることがあります。もちろん腰以外にもできますので頭痛、背中の痛みなど様々な症状を引き起こします。

腰痛に関わる主な筋肉

脊柱起立筋

腰方形筋

多裂筋

腸腰筋

腹直筋

腹横筋

外腹斜筋

内腹斜筋

広背筋

小殿筋

梨状筋

腰痛になりやすい主な筋肉です。これらの筋肉によって腰痛を発症する場合が多いのです。

例えば坐骨神経痛といわれている方で梨状筋のトリガーポイントを施術後に痺れや痛みが改善されるケースが数多くございます。

腰痛をお持ちの方は腰痛が無い方に比べてトリガーポイントが多いことがわかっています。

このトリガーポイントを取り除くことが腰痛解消に繋がります。

早めに施術で取り除くことをお勧めいたします。

どのような施術をするかというと

①トリガーポイントを見つける。

個人差がもちろんありますが痛む箇所により出現しやすい場所がありますのでそこから探し当てます。

②指や手根、肘などを使い圧迫していきます。

圧の強さは中程度。弱い圧ではなくある程度の強さでイタ気持ちいのが目安です。

③圧迫時間について

およそ1分から2分の持続圧を痛みが改善するまで繰り返し行います。

是非腰痛でお困りの方は試してみてください。

トリガーポイントに角度、強さ、時間を調整して入れることが重要です。

当店での施術をお待ちしております。

 

肩こり、腰痛でお悩みの方

整体をお探しの方はもみの手池袋西口店にお任せください。